FC2ブログ

わんずブログ

週末のお出掛け等を紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鉄道遺産と温泉の旅(その3)

~鉄道遺産と温泉の旅(その3)~


碓氷第一隧道

関連Entry
 鉄道遺産と温泉の旅(その1) 2011/08/07
 鉄道遺産と温泉の旅(その2) 2011/08/07
 鉄道遺産と温泉の旅(その3) 2011/08/07
 鉄道遺産と温泉の旅(その4) 2011/08/07
 鉄道遺産と温泉の旅(番外編) 2011/08/06


鉄道遺産と温泉の旅の第3段です。
ここまでの模様は関連Entryをご覧ください。

かつてアプト式だった横川~軽井沢間の鉄道。
鉄道の廃線跡は数多くありますが、その殆どが平坦な区間で山岳路線でトンネルや橋梁を当時の形で残しつつ、歩道として整備しているという例はあまり見かけません。距離は結構ありますが横川駅方面へ向けて歩いていきましょう。

まずは、めがね橋から。
前回紹介し忘れた橋梁からの景色です。
国道18号(旧道)を見渡す事ができます。ご覧の通りテクニカルコースになってます。

道路を見下ろしていると、タイヤを鳴らしながら走行している車がやってきました。
上から見ると、何とも危ない運転。

エコドライブを必要とされる時代にエゴなドライブ。
エネルギーの無駄遣いだけではなく、他を巻き込む事故のリスクも上がります。
公道での危険な運転は漫画や映画の世界だけにして貰いたいものです。

テクニカルコース
テクニカルコース

めがね橋の先は碓氷第五隧道(243m)になっています。
歩道にする際に設置されたのでしょうか。灯りもあり安全に歩く事ができます。
それにしてもトンネル内は涼しい!

碓氷第五隧道
碓氷第五隧道

碓氷第五隧道の後は第四隧道、第三隧道と続きます。

碓氷第四隧道
碓氷第四隧道

第三隧道を抜けると進行方向右手に碓氷湖が見えてきます。
人造湖で昭和32年に造られています。

赤い橋がアクセントですね。

碓氷湖を見下ろす
碓氷湖を見下ろす

さらに歩くと碓氷湖の畔まで続く道を発見。
休憩所もあるので、下まで降りてみました。

碓氷湖を目の前で眺める事ができます。
観光スポットなのか、観光バスが何台か停まっており、観光客で賑わってます。

碓氷湖
碓氷湖

そこで、今回同行のO氏がカバンをゴソゴソさせます。

ちゃらららっちゃら~「会津の酒~!」
O氏のカバン、まさに四次元ポケット!?(笑)

会津の酒
会津の酒

さらにツマミも用意されてます。
O氏の大好物であるピザ。さすがにピザを持ってくるのは難しいので、それっぽい菓子も出てきました。
これは結構美味しかった。

うん、酒もツマミもとっても美味しい。
しかし、とても重要な事を思い出す。確かO氏はダイエット中...

ピザ風スナック
ピザ風スナック

碓氷湖で宴、もとい休憩していると雨がぽつりと降ってきました。
さらに観光客はバスに乗って次の場所へと移動。残されたのは我々のみ。
急に周りが寂しくなってきました。

大分休憩したので、我々も出発する事にしましょう。
残るトンネルは2つ。まずは碓氷第二隧道。

碓氷第三隧道
碓氷第二隧道

そして横川側の最後のトンネル碓氷第一隧道に入ります。
光が差し込んできました。もうすぐ出口です!

碓氷第一隧道
碓氷第一隧道

トンネルを抜けると一気に開けてきました。

開けてきました
開けてきました

トンネルを抜けて少し歩くと看板を発見。
休憩を挟んでいるので結構時間が経っていますが、休憩なしで歩いても30分掛かりそうです。

大分歩きました
大分歩きました

そして新線と合流するところで峠の湯に到着!
食事の後、温泉を楽しむのでした。

峠の湯到着
峠の湯到着

次回は新線跡を歩く旅。
丸山変電所を通ります。

碓氷峠―廃止10年あの伝説が甦る! (NEKO MOOK 1037)
碓氷峠―廃止10年あの伝説が甦る! (NEKO MOOK 1037)

木造駅舎の旅 (鉄道遺産シリーズ)
木造駅舎の旅 (鉄道遺産シリーズ)

旅してみたい日本の鉄道遺産
旅してみたい日本の鉄道遺産

列車通り classics 信越本線 特急あさま [DVD]
【DVD】列車通り classics 信越本線 特急あさま


FC2 Blog Rankingg
ブログランキングに参加しております。
↑上記アイコンをクリック頂けると励みになります!

スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2011/08/11(木) 23:03:57|
  2. 日帰り旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wangziblog.blog110.fc2.com/tb.php/224-0267bbf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。