FC2ブログ

わんずブログ

週末のお出掛け等を紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

青梅鉄道公園(その2)

~青梅鉄道公園(その2) 2011/09/24~

ED16

関連Entry
 青梅鉄道公園(その1) 2011/09/24
 青梅鉄道公園(その2) 2011/09/24
 青梅鉄道公園(その3) 2011/09/24

青梅鉄道公園にはトップナンバーの車輌が展示されています。
まずはC11、タンク式蒸気機関車です。

C11
C11

C11-1は1932年(昭和7年)に製造されています。

C11-1
C11-1

青梅鉄道公園内のC11は運転台にも入る事ができます。
C11-1運転台
C11-1運転台

案内板やWikipediaによると、都市部の区間運転用として投入されたC11、コンパクトで使い勝手が良い事から、支線区にも活躍の場を広げ、最終的には381両製造されています。

大井川鐵道を始めとしてJR北海道や真岡鐵道で動態保存されています。
コンパクトで線区を選ばない特性は動態保存にも適しているのかもしれません。

まさに名機に相応しい機関車です。


続いてはED16電気機関車。
展示車輌は昭和6年に三菱電機で製造されています。C11より1年前に作られています。

ED16
ED16

案内板によると登場当初は中央本線や上越線で活躍していましたが、晩年は立川機関区に集結し、南武線や青梅線の貨物輸送で活躍しています。青梅線とも馴染みの深い車輌です。

青梅鉄道公園のED16は準鉄道記念物として指定されています。

ED16-1
ED16-1

他にも車輌の展示があります。ここではピックアップして紹介したいと思います。
園内入口から一段低い位置に展示されている0系車輌。かつては緑色帯に塗られていたらしいですが、本来の青色に戻されてました。

0系新幹線
0系新幹線

続いては8620形蒸気機関車。園内奥に展示されています。
「ハチロク」という愛称で呼ばれていますが、峠道をドリフトで走行する事はありません(笑)

展示車輌は1914年(大正3年)に製造されています。
JR九州で動態保存され、「SL人吉」号として熊本~人吉間で運行しています。

8620形機関車
8620形機関車

続いて9600形式。
展示車輌は1913年(大正2年)に製造されています。

Wikipediaによると、牽引力が大きい上に軸重が軽い為、四国を除く全国で使用されています。
この車輌も1962年まで49年と約半世紀に渡り活躍しています。

9600形式機関車
9600形式機関車

さらに9600形は戦前、中国、旧ソ連などに転出しており、海外でも活躍しています。
下の9600形は戦後、1,000mmに改軌の上、KD55型と形式変更され、ベトナム国境に近い中国、昆明エリアで活躍していました。
日本は勿論、海外でも長年活躍していた9600形、まさに名機と言えるでしょう。

KD55型579号蒸気機関車(1m Gauge)
KD55型579号@中国鉄道博物館 2009/3/21撮影

KD55型579号、今は中国の北京にある「中国鉄道博物館」で静かに余生を過ごしています。

関連Entry
 中国鉄道博物館~見学編 2010/03/21
 中国鉄道博物館~行き方編 2010/03/21


出典
wikipedia 国鉄C11形蒸気機関車
http://ja.wikipedia.org/wiki/国鉄C11形蒸気機関車

wikipedia 国鉄ED16形電気機関車
http://ja.wikipedia.org/wiki/国鉄ED16形電気機関車

wikipedia 国鉄9600形蒸気機関車
http://ja.wikipedia.org/wiki/国鉄9600形蒸気機関車




国鉄時代 2011年 11月号 Vol.27
国鉄時代 2011年 11月号 Vol.27

時刻表に見る<国鉄・JR>列車編成史 (キャンブックス)
時刻表に見る<国鉄・JR>列車編成史 (キャンブックス)

国鉄分割・民営化 合理化の波と116年目の終焉 (図説 日本の鉄道クロニクル)
国鉄分割・民営化 合理化の波と116年目の終焉 (図説 日本の鉄道クロニクル)



FC2 Blog Rankingg
ブログランキングに参加しております。
↑上記アイコンをクリック頂けると励みになります!

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/01(土) 13:53:40|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wangziblog.blog110.fc2.com/tb.php/244-58e571a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。