FC2ブログ

わんずブログ

週末のお出掛け等を紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新潟旅行(その08)新潟駅巡り

~新潟旅行(その08)新潟駅巡り 2011/08/15~

青海川に到着

関連Entry
 新潟旅行(その01)まずは山形、あつみ温泉へ 2011/08/13
 新潟旅行(その02)あつみ温泉で朝風呂 2011/08/14
 新潟旅行(その03)県境を散策 2011/08/14
 新潟旅行(その04)山居倉庫 2011/08/14
 新潟旅行(その05)きらきらうえつ 2011/08/14
 新潟旅行(その06)弥彦神社 2011/08/15
 新潟旅行(その07)弥彦山 2011/08/15
 新潟旅行(その08)新潟駅巡り 2011/08/15

弥彦神社参拝後、弥彦駅に戻って旅を再開します。
次は以前から行ってみたかった日本海側の駅を巡ります。
ここから急に鉄分がアップします(笑)

向かう先は新潟県西部、柏崎の先にある青海川駅。
まず、弥彦から、吉田、東三条で列車を乗り継いで長岡駅まで向かいます。
柏崎駅は吉田から越後線でも行けますが、本数が少なく便が無かった為、断念。

やむなし。

乗車駅 → 下車駅 列車名 行先 列車番号
弥彦13:21→吉田13:30 普通 新潟 271M
吉田13:34→東三条13:52 普通 東三条 237M
東三条13:56→長岡14:23 普通 長岡 440M


長岡で30分程の乗り換え時間があるので、途中下車して買い物と食事を済ませましょう。
そして、ホームに戻って移動再開!

次に乗るのは快速くびきの2号、新井行き。
快速ですが特急用の車輌を使った所謂「乗り得列車」。

途中駅を特急の様にどんどん通過し、所要時間も特急と大きく変わりません。
これで料金券不要なのだから素晴らしい限りです。

快速くびきの2号
快速くびきの2号

くびきの2号に乗りました。
快速列車ですが、指定席はもちろん、グリーン車もあります。
と言っても私は自由席に乗車(笑)
混んでいるかなと予想していましたが、無事に座れました。

車内の様子
車内の様子

柏崎で前を走る普通列車に追い付きます。
目指す青海川駅は小さな駅。当然、くびきの号は停まりません。
と言う訳で普通列車に乗り換えます。

柏崎で普通に乗り換え
柏崎で普通に乗り換え

乗車駅 → 下車駅 列車名 行先 列車番号
長岡14:57→柏崎15:25 快速くびきの2号 新井 3372M
柏崎15:29→青海川15:37 普通 直江津 1342M

柏崎から普通列車を2駅乗り、青海川駅に到着。
日本海から一番近い駅、海は目の前!

青海川に到着
青海川に到着

駅舎の横には新潟県の地図に青海川駅の位置がプロットされていました。
新潟県の西部に位置している事が判りますね。
それにしても新潟県は広い!

青海川駅の位置
青海川駅の位置

駅の外に出てみました。
青海川駅の駅舎です。形状的に交番にも見えなく無いスリムな建物です。
それにしても新しいそうですね。

青海川駅 駅舎
青海川駅 駅舎

と思い建物財産標を見ると平成20年建築。 まだまだ新しい建物です。

青海川駅の建物財産標
青海川駅の建物財産標

青海川駅からは海岸へ行く道があります。
さすがに水着を持ってきていないので海には入れません。写真だけ撮りましょう。

青海川の海岸から線路を望む
青海川の海岸から線路を望む

続いて隣の駅へ向かいます。
長岡方面のホームは本当に海の目の前。
海を絡めて列車を撮ると、その様子がよ~く判りますね。

長岡行きに乗車
長岡行きに乗車

向かった先は青海川から長岡方面に1駅の鯨波駅。
青海川駅程ではありませんが、日本海に近い駅、美しい夕日が眺められる駅のようです。

乗車駅 → 下車駅 列車名 行先 列車番号
青海川16:01→鯨波16:05 普通 長岡 1341M


鯨波駅到着
鯨波駅到着

鯨波駅は柏崎と青海川の間です。

鯨波駅 駅名板
鯨波駅 駅名板

駅舎には大きな鯨の絵が描かれています。
鯨が付く駅名だから? なんとも安直な...(汗)

鯨波駅 駅舎
鯨波駅 駅舎

角度を変えてもう一枚。
建物財産標によると駅舎は昭和44年5月建築。
既に40年使われている様です。

角度を変えてもう一枚
角度を変えてもう一枚

前述の通り海が近いため、海岸まで行こうと思ったら雲行きが怪しくなってきました(汗)
あまり歩かない方が良さそうです...

雲行きが怪しくなってきました...
雲行きが怪しくなってきました...

雲行きも怪しいし、そろそろ宿泊地の新潟へ戻りましょう。
柏崎方面に乗る...と思いきや、直江津方面の新井行きに乗ります。
雨が降る前に電車に乗りましょう。

乗車駅 → 下車駅 列車名 行先 列車番号
鯨波16:27→直江津17:13 普通 新井 1344M


新井行きに乗車
新井行きに乗車

そして、電車に乗った数分後に凄い雨が降ってきます。
こ、これはヤバイ。

傘を持っていないので、外に居たら大変な事になっていました。
そして豪雨の中、青海川駅を通り過ぎます。

豪雨の青海川駅
豪雨の青海川駅

直江津駅に向かったのは、新潟駅行きのくびきの号に乗る事と夕食の調達のため。
柏崎駅で食料調達ができるか読めなかった為、直江津までやってきました。
直江津駅は売店もある上、駅弁もあります。

食料調達後、ホームにて「くびきの5号」を待ちます。

くびきの5号に乗車
くびきの5号に乗車

無事に自由席をGETして、車窓から日本海を眺めます。
先ほどの激しかった雨も止み、夕焼けが見えます。

日本海を眺める
日本海を眺める

今日、明日の乗車券は「青春18きっぷ」ではなく「えちごツーデーパス」。
折角なので、18きっぷでは出来ない事をやろうと考えてました。

すぐに思い浮かぶのが特急券をプラスして特急に乗ること。
予算の都合上、1000円以内で実現できる事としていたので、特急のグリーン車!なんてのは不可。
かと言って特急の自由席に乗っても芸が無い。

考えた末、導き出した答えは「くびきの号」のグリーン車指定席!
快速列車でありながら特急の車輌を使った「くびきの号」、
グリーン車も特急用のモノが使われています。
18きっぷでも湘南新宿ラインや総武快速の様な自由席のグリーン車は乗れますが、くびきの号の指定席扱いのグリーン車には乗れません。

快速を含む普通列車のグリーン車であれば100km以内で950円と予算内に収まります。
しかし、直江津から新潟まで乗ると100km超えてしまう為、100kmに収まる範囲で乗る必要があります。調べてみると、次の柏崎から新潟までだと100kmに収まります。

しかも、距離は丁度100km!!!
最大限にグリーン車の旅を楽しむ事ができます!

くびきの5号グリーン券
くびきの5号グリーン券

そして、柏崎駅到着後、自由席からグリーン車へと移ります。
いざ、グリーン車へ!

いざグリーン車へ!
いざグリーン車へ!

グリーン車は誰1人いません。
貸しきり状態です。何とも快適!

すぐに検札を済ませてシートを倒して景色を眺めます。
天気はすっかり回復して夕日も見る事ができます。

貸しきり状態
貸しきり状態

そして、駅弁を広げて頂きます。
ゆったりしたシートピッチの座席で頂く駅弁とビール。

950円で楽しむ至福の時間です。

駅弁を頂きます
駅弁を頂きます


乗車駅 → 下車駅 列車名 行先 列車番号
直江津17:31→新潟19:29 快速 くびき野5号 新潟 3375M


秘境駅
秘境駅

すごい駅 (メディアファクトリー新書)
すごい駅 (メディアファクトリー新書)


back next


FC2 Blog Rankingg
ブログランキングに参加しております。
↑上記アイコンをクリック頂けると励みになります!

スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2012/10/21(日) 23:39:37|
  2. 週末旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wangziblog.blog110.fc2.com/tb.php/294-9f51d495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。