FC2ブログ

わんずブログ

週末のお出掛け等を紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東北旅行(その03)北上再開

~東北旅行(その03)北上再開 2013/01/02~

仙台色の盛岡行き

関連Entry
 東北旅行(その01)「えちご」で出発! 2013/01/01
 東北旅行(その02)代行バスで鳴子温泉へ 2013/01/02
 東北旅行(その03)北上再開 2013/01/02

鳴子温泉を楽しんだ後、再び鳴子温泉駅まで戻ってきました。
鳴子温泉~小牛田間は通常通りの運転。

暫くすると鳴子温泉始発の小牛田行きが入線してきました。
早速乗りましょう。

小牛田行き
小牛田行き

鳴子温泉を定刻通り発車、銀世界を進みます。
途中で止まらない事を祈るのみ。

雪の中を進む
雪の中を進む

暫くすると、そんな心配が無くなります。
太平洋側に近づくにつれ、徐々に雪がなくなってきます。

そして、ついにはこんな感じに。

太平洋側は雪が無い!
太平洋側は雪が無い!

同じ沿線でも除雪の為に運休する区間と雪が全く無い区間があるとは...
日本海側と太平洋側の降雪量の差を身を持って体験した日でした。

陸羽東線の旅もまもなく終了。
小牛田駅に到着します。雪は殆どありません。

まもなく小牛田
まもなく小牛田

小牛田駅ホームに隣接する小牛田運輸区には、お座敷列車「ふるさと」やトロッコ風列車「風っこ」などが停まってました。年末年始の臨時列車で活躍している列車達、今日は骨休みかな。

お座敷列車「ふるさと」
お座敷列車「ふるさと」

待合室の売店でパンを購入して少々遅めの昼食タイム兼休憩。
30分後の一ノ関行きへ乗り込みます。これより北上再開!

来た列車は701系2連+E721系2連の4両編成。
ここで、セミクロスが来たと喜んではいけません。我々が乗るのは701系。
E721系は小牛田止まりです(涙)

一ノ関行き
一ノ関行き

と言っても、小牛田から一ノ関は約50分。1時間も掛かりません。
ロングシートとは言え、中央線で八王子から東京まで乗ると思えば、そんなに苦では無いですね。
座れるだけラッキーです(^^;

そして、一ノ関に到着。
一ノ関もまだ雪がありません。

乗車駅 → 下車駅 列車名 行先 列車番号
鳴子温泉13:03→小牛田14:03 普通 小牛田 1736D
小牛田14:34→一ノ関15:22 普通 一ノ関 537M

まもなく一ノ関
まもなく一ノ関

一ノ関駅の駅名板には何故かピカチュウが描かれていました。

一ノ関 駅名板
一ノ関 駅名板

さて、一ノ関からは盛岡行きに乗車。
2番線には一ノ関発、盛岡行きが発車を待っていました。

東北地方の普通列車で御馴染みの701系。
この列車で行くと盛岡まで約1時間半です。

乗車駅 → 下車駅 列車名 行先 列車番号
一ノ関15:27→盛岡16:56 普通 一ノ関 1543M

この701系、盛岡行きなのに仙台色の701系。
珍しい運用もあるんですねぇ。
この色が盛岡に居たら何となく違和感感じますね。

仙台色の盛岡行き
仙台色の盛岡行き

再び苦行の旅と言いたい所ですが、今日は臨時の盛岡行きが直後に発車するので、そちらに乗ります。所要時間は先行の701系の方が短いですが快適さが違います。盛岡までの旅は次回紹介します。
(続く)


ローカル線 大人の旅 (洋泉社MOOK)
ローカル線 大人の旅 (洋泉社MOOK)

ぶらりローカル線の旅
ぶらりローカル線の旅

back next


FC2 Blog Rankingg
ブログランキングに参加しております。
↑上記アイコンをクリック頂けると励みになります!

スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2013/02/14(木) 23:22:35|
  2. 週末旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wangziblog.blog110.fc2.com/tb.php/297-bb651e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。