FC2ブログ

わんずブログ

週末のお出掛け等を紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東北旅行(その07)龍泉洞

~東北旅行(その07)龍泉洞 2013/01/03~

関連Entry
 東北旅行(その01)「えちご」で出発! 2013/01/01
 東北旅行(その02)代行バスで鳴子温泉へ 2013/01/02
 東北旅行(その03)北上再開 2013/01/02
 東北旅行(その04)ジパング乗車 2013/01/02
 東北旅行(その05)更に北上 2013/01/03
 東北旅行(その06)八戸線と三陸鉄道 2013/01/03
 東北旅行(その07)龍泉洞 2013/01/03

田野畑駅で三陸鉄道を後にして龍泉洞を目指します。
まずは三陸鉄道の不通区間(田野畑~小本)を代行バスで通ります。

田野畑駅前には既に代行バスが発車を待っていました。
早速乗りましょう。

列車代行バス
列車代行バス

バスは定刻通りに発車し、小本を目指します。
田野畑駅を発車してすぐに水門が見えます。この水門、三陸鉄道と同じ色をしてます。
水門の目の前の橋を渡り、山道へ入っていきます。

前方に三陸鉄道色の水門を発見
前方に三陸鉄道色の水門を発見

海岸沿いを走る三陸鉄道に対し、代行バスは内陸を走ります。
田野畑~小本間は途中に1駅ありますが、通らずに通過し、バイパスを通って一気に小本駅へ。

小本駅
小本駅

小本駅からは三陸鉄道の宮古行きに接続していますが、我々は別のバスに乗り換えます。
ここからは岩泉町民バスに乗ります。来たバスは小型バス。

岩泉駅行きバス
岩泉駅行きバス

バスは山道に入っていきます。
そして、25分程で目的地、龍泉洞に到着。

乗車駅 → 下車駅 バス名 行先 運賃
田野畑13:30→小本14:00 連絡バス6便 小本 380円
小本14:07→龍泉洞14:33 岩泉町民バス 岩泉駅前 600円

龍泉洞入口
龍泉洞入口

早速、中へ入りましょう。
切符売り場で入場券を購入。1,000円也。

切符売り場
切符売り場

入場券は龍泉洞の他、科学館として色々な資料が展示されている新洞も入る事ができます。

入場券
入場券

まずは龍泉洞へ向かいます。
入口で切符を見せて中へ入ります。

鍾乳洞入口
鍾乳洞入口

いざ、内部へ!

中へ入りましょう
中へ入りましょう

この時期、外は氷点下の世界なので洞窟内はとても暖かいです。
湿度が高いのでメガネが曇ります(^^;;

鍾乳洞内部
鍾乳洞内部

温度計がありました。
洞窟内は7度以上もあります。

それにしても湿度が半端じゃないです。

中は暖かい!
中は暖かい!

洞窟内は水が流れていますが、とても透き通っています。
洞窟内の湧き水は「龍泉洞の水」として販売されています。
とても美味しいミネラルウォータです。訪れた際は是非一度お試しください。

水は鍾乳洞入口の切符売り場兼売店でも購入できます。

透き通った水
透き通った水

更に進みましょう。

更に進みましょう
更に進みましょう

一部、ライトアップしている箇所がありました。
洞窟内に虹があるような、何とも幻想的な風景です。
ちなみに色は時間と共に変わります。

虹色!鍾乳洞
虹色!鍾乳洞

その後は水深98mの地底湖を見学したりしました。
水深が100m近くあるにも関わらず地底が見える程の透明度があります。
残念ながら綺麗に撮れた写真がないので、写真は省略します(涙)

一通り見た後は新洞へ向かいます。
新洞は残念ながら撮影禁止。写真はありません...

龍泉新洞
龍泉新洞

【地図】田野畑駅から龍泉洞までの移動軌跡

より大きな地図で 20130103田野畑から龍泉洞 を表示

龍泉洞観光を済ませた後は宿営地、盛岡へ戻ります。
龍泉洞からは盛岡駅行きの直通バスがありますが、全区間乗車せず「北海道&東日本パス 」を有効活用できるルートを選択します。

(続く)


岩泉町龍泉洞 公式観光ガイドブック
岩泉町龍泉洞 公式観光ガイドブック!

龍泉洞の水 2L×6本
龍泉洞の水 2L×6本

龍泉洞缶珈琲ブラック 190g×30本【地元いわての逸品】
龍泉洞缶珈琲ブラック 190g×30本【地元いわての逸品】

back next


FC2 Blog Rankingg
ブログランキングに参加しております。
↑上記アイコンをクリック頂けると励みになります!

スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2013/09/11(水) 23:45:57|
  2. 週末旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wangziblog.blog110.fc2.com/tb.php/304-687c4ba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。